【軽井沢絵本の森美術館】2020年度 春の企画展のご案内

2019年12月29日

軽井沢絵本の森美術館 2020年度 春の企画展の詳細をお知らせします。
皆様のご来館をお待ちしております。

【タイトル】
軽井沢絵本の森美術館開館30周年記念 春の企画展「『グリム童話』のメルヒェン旅行記」


アーサー・ラッカム画『Arthur Rackham’s Book of Pictures アーサー・ラッカム画集』1913年/William Heinemann刊

【会期】
2020年3月1日(金)~2020年6月22日(月)

【内容】
1812年、グリム兄弟が『グリム童話集(原題:子どもと家庭のメルヒェン)』を出版しました。最初は挿絵がなく、文章だけの本として出ましたが、兄弟の末弟であるエーミール・グリムが挿絵をつけます。その後、風刺画家のジョージ・クルックシャンクが挿絵をつけた英語版によって、『グリム童話集』は世界的に広がりました。これを機に、メルヒェンの挿絵本は最盛期を迎えます。
メルヒェンとは、今ではかわいらしい雰囲気のものを浮かべますが、本来はロマン派の詩人たちによる、自然の美しさや森の静けさをテーマにした作品を指す言葉です。『グリム童話』はメルヒェンの新しい姿として登場し、メルヒェンと挿絵の関係性を深めた作品なのです。そして優れた芸術家たちがメルヒェンの挿絵を描くようになりました。
本展では、主に100年以上前に出版された『グリム童話』の中から、様々な画家による挿絵を展示します。メルヒェンの挿絵の軌跡をたどる、古書の世界の時間旅行へ皆さまをお連れします。

【イベント等】
ギャラリートーク
 以下の日程でギャラリートークを行います。
  3月21日、5月9日、6月6日 ※いずれも土曜日
 ・開始時間は14時からとなります(30分程度)
 ・ご予約不要 ※入館料が必要です
 ・ご参加希望の方は、お時間になりましたら第2展示館の入り口にお集まりください。
 ・途中参加/途中抜け可。トークは第2展示館内で行いますので、途中参加の方はそのままお入りください。

軽井沢絵本の森美術館 開館30周年記念『グリム童話』展 スタンプラリー
 2020年、軽井沢絵本の森美術館は開館30周年を迎えます。
 その記念に、本年度は春・夏・秋冬と、年3回の『グリム童話』に関する企画展を開催いたします。
 すべてにご来場くださった方に、ムーゼの森オリジナルグッズ詰め合わせを贈呈します!
 ※入館料が必要です

『グリム童話』総選挙 ~有名なおはなし~
 全201話とされる『グリム童話』の中でも、よく知られている10話をピックアップし、
 ご来館の皆さまに投票いただき、ベスト3を決めます! ※入館料が必要です
 ※結果発表は夏の企画展(6月26日~10月5日)内にて行います。

ぬり絵コーナー「古書のさし絵をぬってみよう!」
 『グリム童話』の古書のさし絵の一部を、ぬり絵にしてご用意いたしました。
 期間限定で、ぬり絵コーナーを設営いたします(色鉛筆等はこちらでご用意します)
 皆さまの想像力おもむくままに、色をつけてみてください。 ※入館料が必要です
  開催期間:3月28日(土)~5月6日(水)の開館中
  場所:軽井沢絵本の森美術館内・森の家

———————————————————————————————————
春チラシ

———————————————————————————————————
【基本情報】
★開館時間★
9:30~17:00(最終入館は閉館の30分前)

★休館日★
毎週火曜日 ※GWのため、5月5日(火)は開館

★入館料★
・軽井沢絵本の森美術館 単館
大人950円、中・高生600円、小学生450円、小学生未満無料
・エルツおもちゃ博物館・軽井沢との2館共通セット券の場合
大人1,400円、中・高生900円、小学生650円、小学生未満無料
※小学生の入館者の方には、「ワークシート」と「ムーゼの森オリジナル鉛筆」をプレゼントしています。

★お問い合わせ先★
0267-48-3340(ムーゼの森) もしくは info@museen.org