2020年春夏展

物語を紡ぐドイツのおもちゃ

前期2020/03/1(日)〜2020/06/29(月) 後期2020/07/1(水)〜2020/10/12(月)

マッチ箱のミニチュア

ドイツ東部のエルツ地方は、木工おもちゃ作りで世界的に有名な地域です。おもちゃの題材となるのは、クリスマスやイースター、いろいろな職業の人びと、聖書や童話のお話などさまざまで、ひとつひとつのおもちゃがドイツで親しまれてきた物語を紡いでいます。
それらのおもちゃたちは、ひと目見ただけでストーリーが浮かぶように、その物語の特徴的なキャラクターやアイテムが表現されています。例えば、ドイツの代表的な物語『グリム童話』をテーマとしたおもちゃであれば、赤いフードをかぶった女の子とオオカミの人形で「赤ずきん」、ロバと犬と猫とにわとりの人形で「ブレーメンの音楽隊」など、物語に欠かせない要素が立体的に表現され、ストーリーを思い起こすことができます。
本展では、ドイツのおもちゃに込められた物語の要素に注目し、ミニチュアおもちゃや錫飾りなどを展示しながら、そこに表現されたストーリーを紹介します。職人による丁寧なものづくりとともに、ドイツで語り継がれる物語の魅力をお楽しみいただけますと幸いです。

【展示の見どころ】
・『グリム童話』や『くるみ割り人形とねずみの王様』など、ドイツの有名な物語を題材としたおもちゃを紹介
・生活の様子や季節の情景を表したミニチュアおもちゃから、ドイツの人びとの暮らしを想像することができます

【イベント等】
ハッシュタグキャンペーン
2020年度より、エルツおもちゃ博物館・軽井沢展示館内の撮影が可能になります(一部を除く)
撮影いただいた写真を「#エルツおもちゃ博物館軽井沢」のハッシュタグをつけて、
SNS(Twitter、Instagram、Facebook等)に投稿いただいた方には、プレゼントを贈呈します。
開催期間:2020年3月1日~2020年6月29日まで(前期のみ) ※入館料が必要です

  • 会期

    前期 2020031日(日)20200629日(月)

    後期 2020071日(水)20201012日(月)

    ※前期と後期で一部展示入替を行います

  • 開催期間
    9:3017:00 (最終入館 16:30)
  • 休館日
    火曜日

    GWは無休のため5/5(火)は開館、7〜9月は無休

  • 入場料金
    大人 750円 中高生 500円 小学生 350円 

    軽井沢絵本の森美術館/ピクチャレスク・ガーデンとの2館共通セット券あり

※小学生未満無料

※小学生以下のご入館には保護者の同伴が必要です

※障がい者割引あり