2019年秋冬展

木工おもちゃのクリスマス 〜工房探検〜

2019/10/11(金)〜2020/01/13(月)

クリスマスおもちゃ

ドイツ東部に位置するエルツ地方では、高い技術を持つ職人(マイスター)のいる工房で、手作業によって伝統的な木工おもちゃが作られています。
それぞれの工房には、代々受け継がれてきた技術があり、出来上がったおもちゃには作り手の特色がはっきりと表れます。

エルツ地方の木工おもちゃは、その多くがクリスマスの風習の中から生まれました。例えばろうそくの熱によってプロペラを回す仕組みの「クリスマスピラミッド」は、19世紀はじめから作られているこの地域独特のクリスマスの飾りです。
また、クリスマスキャロルを歌う「聖歌隊」の人形や、クリスマスマーケットでおもちゃを売る子供たちの人形「シュトリーツェルキンダー」など、エルツ地方のクリスマスを語り継ぐおもちゃも作られています。

本展では、クリスマスの伝統を反映する木工おもちゃたちを工房とともに紹介します。
工房それぞの特徴や木工おもちゃが物語るエルツ地方の歴史をひもときながら、ひと味違ったクリスマスを探求します。

【展示会のみどころ】
◆「クリスマスピラミッド」「パイプ人形」など同じテーマで作られる木工おもちゃを比べながら、工房それぞの特徴を紹介 ◆「くるみ割り人形」や「シュヴィップボーゲン」などエルツ地方のおもちゃのクリスマスにまつわる意外な由来とは ◆伝統的なクリスマスのおもちゃが物語る、エルツ地方独特のクリスマスの風習に迫ります。

【イベント】
1.エルツのクリスマスフェア(2019年11月1日~2020年1月6日)
2.エルツ地方のおもちゃ実演(2019年12月21日、12月22日、12月23日)※入館料が必要です。

〇エルツ地方のおもちゃ実演について
開催日:12月21日(土)、22日(日)、23日(月)
時間:13:00~13:15(15分程度)
場所:エルツおもちゃ博物館内 C展示室
お時間になりましたら、直接展示室にお越しください

  • 会期

    20191011日(金)20200113日(月)

  • 開催期間
    10月・11月/9:3017:00 (最終入館 16:30)
    12月・1月/10:0016:00 (最終入館 15:30)
  • 休館日
    10月・11月 / 火曜日
    12月 / 火~金曜日
    1月 / 11日(水)、17日(火)~110日(金)

    ※10月22日(火)、1月2日(木)~1月6日(月)、1月11日(土)~1月13日(月)は開館
    ※1月14日(火)~2月29日(土)まで冬季休館

  • 入場料金
    大人 750円 中高生 500円 小学生 350円 

    軽井沢絵本の森美術館/ピクチャレスク・ガーデンとの2館共通セット券あり

※小学生未満無料

※小学生以下のご入館には保護者の同伴が必要です

※障がい者割引あり