2018年春夏展「シンデレラ&プリンセス絵本展」 軽井沢絵本の森美術館

プリンセスたちの絵本にみる 心のやさしさ うつくしさ

シンデレラや白雪姫、人魚姫などプリンセスたちが登場する童話は、カラー印刷の技術が発展した19世紀後半から絵本の題材として親しまれてきました。物語の中のプリンセスは、自然体に生き、やさしい心を忘れずいくつもの困難を乗り越えます。プリンセスが活躍する絵本は、多くの画家によって描かれ、現在に至るまで広く読み継がれています。
本展では、グリム童話やアンデルセン童話に登場するさまざまなプリンセスを絵本原画や絵本資料とともに紹介します。
さらに「シンデレラ」の世界を特集し、プリンセスをモチーフとしたアンティーク絵本を収集するかわたまさなお氏の貴重なコレクションから、19世紀後半から20世紀前半のシンデレラの絵本や、100年前の絵本に描かれたシンデレラの衣装を再現したドレスなどを展示します。 また、プリンセス衣装の貸出や、シンデレラをモチーフとしたフォトスポットなどがあり、軽井沢の森の中でプリンセスの気分を味わうことができます。
童話の絵本に改めて触れながら、プリンセスたちの魅力を再発見するひとときをお楽しみ下さい。

  • 会期
    [前期] 2018年 3月 1日(木)〜2018年 6月18日(月)
    [後期] 2018年 6月20日(水)〜2018年10月 8日(月)
  • 開催時間
    9:30〜17:00 (最終入館 16:30)
  • 会場
    ムーゼの森「軽井沢絵本の森美術館」
    〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉182
  • 入館料
    大人900円、中高生600円、小学生450円

    ※小学生未満無料
    ※ピクチャレスク・ガーデン入園料含む
    ※エルツおもちゃ博物館・軽井沢との2館共通セット券あり

  • お問い合わせ
    ムーゼの森 0267-48-3340