KaruizawaPicturebookMuseum

EXHIBITION

展示案内

2017 春夏の企画展

ふしぎの国のアリス展

アリスに魅せられた画家たちの豊かなイマジネーションをめぐる
世界でもっとも親しまれているファンタジー『不思議の国のアリス』は、1865年にジョン・テニエルの挿絵によって出版されました。イギリスでその版権が切れたのは、今から110年前の1907年。この年以降、現代にいたるまで時代を担う多くの画家によってアリスの絵が描かれ続けています。
本展では、画家たちが織りなす豊かなイマジネーションと、その多彩な表現世界を、原画や初版本とともにめぐります。
  • 会期

    前期 201731日(水)2017619日(月)

    後期 2017621日(水)201710日(月)

  • 開催時間
    9:3017:00 (最終入館 16:30)
  • 入場料金
    大人 900  中高生 500円 
    小学生 無料

    エルツおもちゃ博物館・軽井沢との2館共通セット券あり

  • 協力
    絵本館
  • 後援
    (一社)日本国際児童図書評議会、絵本学会、長野県教育委員会、軽井沢町、 軽井沢町教育委員会、(一社)軽井沢観光協会、(公財)八十二文化財団、 信濃毎日新聞社、SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、abn長野朝日放送

ひらいたかこ画「アリスinカレンダーランド2016」表紙 ©2015 Takako Hirai※前期展示より

ひらいたかこ画「アリスinカレンダーランド2016」表紙
©2015 Takako Hirai※前期展示より

常設展示のご案内

ピーターラビットのひみつをさぐろう!!

ピーターラビット™のひみつの部屋(第一展示館)

ビアトリクス・ポターの生誕150周年となる2016年に、ピーターラビットシリーズを紹介するコーナーを常設いたしました。本展では、日本におけるビアトリクス研究の第一人者である「吉田新一」氏(英米児童文学研究者、当館名誉顧問)監修の元、作品世界を深く読み解きながら、お話に込められた「ひみつ」に迫ります。

ピーターラビット™のひみつの部屋

吉田新一文庫(第一展示館)

第一展示室に隣接している「吉田新一文庫」は、当館の名誉顧問でもあり英米児童文学研究者の吉田新一氏の資料をご紹介しています。貴重な原書などの資料があり、学生や研究者の方にもご利用いただいています。

吉田新一文庫

欧米絵本のあゆみ(第一展示館)

欧米絵本の初期から現代まで続く魅力を様々な切り口で紹介しています。

欧米絵本のあゆみ