KaruizawaErzToyMuseum

EXHIBITION

展示案内

2018 春夏の企画展

ドイツ・エルツ地方の工房をめぐる旅

エルツおもちゃ博物館・軽井沢開館20周年記念特別展
ドイツ・エルツ地方は、木工おもちゃのふるさととして知られており、数多くの工房が立ち並んでいます。各工房では、熟練した職人たちによって木工おもちゃがひとつひとつ手作業でつくられ、伝統工芸として技術が受け継がれています。
エルツ地方の代表的なおもちゃには、くるみ割り人形やパイプ人形、クリスマスピラミッドや天使のミニチュアなどがあり、工房によっておもちゃの表情や佇まいは実にさまざまです。
本展では、約40の木工おもちゃ工房をめぐります。おもちゃに込められた職人の技巧や制作過程をひもときながら、エルツ地方の工房で育まれる豊かなおもちゃ文化とその魅力をご紹介します。

開館20周年記念として、おもちゃに触れられる体験コーナーをリニューアルします。テーマは3つあり、「エルツ地方のおもちゃ」「ヨーロッパの知育玩具」「日本の木のおもちゃ」です。
  • 会期

    前期 2018 3 1日(木)2018 625日(月)

    後期 2018 627日(水)201810 1日(月)

  • 開催時間
    9:3017:00 (最終入館 16:30)
  • 入場料金
    大人 700円  中高生 450円  小学生 350円 

    軽井沢絵本の森美術館/ピクチャレスク・ガーデンとの2館共通セット券あり

※小学生未満無料

※小学生以下のご入館には保護者の同伴が必要です

※障がい者割引あり

エルツ地方の代表的なおもちゃ「くるみ割り人形」

過去の企画展